チャットレディをやって騙されたと思った話

最近はインターネットの発達によって多くの女性がチャットレディをやっている人がやっています。

ですが、意外と多くの方は最初はチャットレディの仕事を始めるに当たっていきなり過激な内容のチャットをやろうと思ったという人は少ないと思います。

それはまさに私もそうで私も最初にチャットレディの仕事をやろうと思った時は知人などから誘われて始めたのですが、その時の誘い文句として…。
チャットレディの働き方も色々あって確かに過激な内容をやっている人もいるけれども、私がやるのはそういう内容のチャットレディの仕事でなく、本当に気楽に話すのが目的のチャットレディ本来の仕事をやれば良いと言われました。
なので、この仕事をやる事にしたのですがいざチャットレディの仕事をやってみると、知人から誘われた時に聞いた仕事内容とは違うと思って騙されたと思いました。

やはり私が心配していた通りにチャットレディの仕事をやるようになると他の人がやっているように過激な内容のサービスを提供しないといけないような状況になってこれは話が違うと思いました。

ですから、私はすぐにその事を知人に話して話が違うからこのチャットレディの仕事はできないと言いました。

すると、その知人は開き直ってそういう風に言わないと最初からチャットレディの仕事をやる気になれないだろと言ってきて本当に騙されたと思いました。

確かにそういう風に過激な内容でチャットをすれば簡単にお金が儲かると思います。ですが、普通にチャットして楽しみながらやりたいと思っていた身としてはかなり迷惑な話です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

家庭と仕事の両立って難しい…

子供が産まれてから子供中心の生活になり、思考も子供第一になったので、育児休業中だった仕事がいざ復帰となった時にクビにされたけど、それでもいっかって思えちゃったんです。

もともと仕事人間ってわけじゃないけど、お金稼ぐことは嫌いじゃないし、家庭の収入を考えると働かないとなっとは思ってたんですけど。

でも子供第一に考えるとやっぱり産まれてまだ一年そこそこで保育園に預けて、起きてる間に近くにいる人が親じゃないってゆうのは、なんかどこか可哀想だなって思ってしまって。
保育園に入れなきゃいけないママさんの家庭や仕事は多い世の中だからそんなこと言ってられないのもわかるけど、やっぱりせめて3歳くらいまではそばにいてあげたいなって思ってるんです。

昔は男が外出て働いて女が家を守るって言うのが普通だった時代。それってすごくいいことなんじゃないかと私は思う派なんです。女の自立よりも家庭に入るってやつ。

家に入って家庭を守り、一生懸命働いてきてくれる旦那さんのために掃除して洗濯して旦那さんの喜ぶご飯を用意して子供とお父さんの帰りを待ってってゆう生活を育児休業中の一年過ごしてきたんですけど、すごくいいなって思えた生活なんです。

もちろん時には社会から疎外された気分になるときもあったので、何もしないよりは趣味とか、内職とかして外に出ないと良くないとも思いますが。

でも今そんな生活出来る家庭って少ないんでしょうか。

うちも旦那さんの給料が子供と3人で食べてはいけるくらいの月収ではないので、働かないといけないんですけど…。

理想と現実は難しいですね…。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

主婦のわがままライフスタイル

仕事仲間であり主婦仲間の子とよく話す主婦のライフスタイル。

私たちはお互い主人の扶養内で働いているので、社員よりは責任がなく楽に働いている。はずなのに。。。。
今の職場はアルバイトにも結構な責任を負わせるところなので、ふたりとも愚痴が絶えない(笑)

仕事の質は確かに大事だし、誰にでもできるような仕事よりは○○さんがいてよかった〜と少しでも思われるような仕事をしたい。
でも、業務の1から10まで全てをこなすのではなく、あくまでも2から7ぐらいまでなので責任を負うことはやはり難しい。

もちろん自分の業務範囲では責任を持ってやっているけど、結局ミスしても差し障りない私たちに責任を押し付けるのが社員の仕事だったりもする。

その業務の内容と給料が見合ってないのはよくある話で、わたしは今のところ満足してる。

休みたいときに休めて、程よく責任のある仕事をこなして、会社の優待制度も使ったりして。
それなりに楽しく日々過ごしている。
でも仕事仲間のその子はよく責任を押し付けられては怒られていて、扶養内なのに残業を強いられたりうまく休めなかったり。
気を使いながらボリュームある仕事をこなしている。

主婦の働き方は色々あって、私たちみたいな扶養内とレギュラーで160万以上働く人、社員で働く人。。。
扶養内で働いて旦那も扶養控除を受けるか、頑張って残業して社会保険も払って税金も払って家計の足しにするか。

正直給料が低いとこの微妙なラインにあたることが多く、扶養を抜けるとかえって損してしまう家庭もある。
その子の家庭は旦那の給料が少なく、家計のやりくりが大変といつも嘆いている。

今年からまた制度が変わり、扶養内でお金を稼ぐことが難しくなってくる。
主婦も社会に出やすいようにとか言うけどそれは雇用する企業の問題もあるので、制度改革は意味がない。

私たちの愚痴はまだまだ続きそう。。。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ドラマのような遺産相続の大変さ

身近な人(Aさん)の話ですが、去年の暮れに祖父が亡くなったのが始まりでした。

祖父は頑固な人でケチで、通帳を隠したり、暗証番号を妻にも教えない人でした。
そのうえ、急に体調を壊し、がんが見つかり、亡くなるまであっと言う間でしたので、銀行口座を解約したり、遺書を書いたりしておらず、

遺産分割が大変でした。
というか、今も続いています。

祖父の現在の妻は後妻さんで、Aさんは前妻さんのお子さんです。
前妻さんはすでに亡くなっており、祖父の遺産の半分は後妻さんに渡ります。

そして残り半分はAさん達ご兄弟に。

そうすんなり済めば良かったのですが、どうやら祖父と前妻さんは入籍しておらず、つまり駆け落ち状態だったことで、Aさんは祖父の籍に入っていなかったんです。

前妻さんの子として出生届が出されており、祖父も亡くなっているので、Aさんの親子が証明されなくなってしまいました。
そうなると、遺産はすべて後妻さんに。

ここで救われたのは後妻さんがとってもいい人だってこと。

じゃあ私が全部わらうわ!みたいな人でなく、どうにかして半分こしましょう。みたいな穏やかな人。
そうゆうことで、祖父とAさんの親子関係をDNA鑑定し、証明するために祖父の入れ歯を提出しました。

待つこと数週間、結局入れ歯からはDNAが検出されず、他の物を提出することになり、出直しです。
そうこうしているうちに祖父の母親は祖父を生む10年前にも子供を出産しており、生きていれば100歳。

死亡届けが出されておらず、かつ行方不明。
もし生きていれば、そちらにも相続権が。

よくドラマで遺産相続を巡ってごちゃごちゃしていますが、本当にごちゃごちゃするものなんですね。
まだまだ先は長そうです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

スキルアップを目指して始めた在宅ワーク

現在主婦ですがパート勤務をしていて、中々に忙しい生活を送っていました。
そんな中、在宅ワークを始めようと思ったのは自分の持っているスキルをレベルアップしたかったからです。

いろんな副業の口コミ紹介サイトを確認して

私は多趣味(インドア)で休日になれば絵を描いたり、仕事や旅行の計画書を作ったり、本やマンガを読んだりと様々なことに挑戦していたのですが、ふとこの趣味を何かに生かせないかと思い付いたのがきっかけです。

もともと、商業系の高校に通っていたり服飾の専門学校へ通っていたりと資格やスキルは持っていたのですが、就職口がなく今は全然関係のない仕事をしています。 手始めに昔から趣味でやっていた手芸の完成品をフリマサイトに出品しました。レース編みや編みぐるみです。 売上は結構良かったのですが低価格で販売していたので月に5000円程の利益でした。ただ、商品の発送やメッセージカードの添付など割と手間が掛かるので製作期間(1ヶ月半)と販売期間(3ヶ月)に分けて現在も行っています。

結果、レース編みのスキルが上がり小さなアイテムを編み上げるまでに半日も掛からなくなりました。

赤ちゃん用の帽子なども作れるようになったので友人へのプレゼントにも活用しています。 次に始めたのがデザイン画やイラストなどのコンクールへの出品です。道具も方法も知っていたので時間がある時にやるようにしていました。 1つか2つ賞を頂いたことがあるのですが、賞金が出ない物もあるので利益には中々繋がりにくいですが、デザインした物が雑誌に載ったり商品化されたりするのでやりがいはとてもあります。経験が多ければ多いほど、どんどん上手くなっていくのも実感できたのでやっていて楽しいです。

今はアイディアがマンネリしてしまっているので半年ほど充電する期間にしています。 最後に始めたのがレビューや口コミ、まとめ記事などのワープロ・エクセル業務です。クラウドワークスさんもその内の1つです。

私はワープロもエクセルも1級を所持していますが業務経験がほとんどなかった為に本当にスキルアップの為に始めました。キータッチ速度のレベル上げにも繋がるので。 まだ始めて少ししか経っていませんが、久しぶりにキーボードと向き合って割と楽しんでやっている自分に驚いています。

文章能力が乏しい部分があるのでまだまだですが、これからも継続して自分の可能性をさらに広げていきたいと感じています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

チャットレディのお仕事で身に着けた知識は隠し気味で

初めての男性ともチャットにしても顔出しにしてもお話しすることに抵抗がなくて、アダルト会話も結構好き!OK!って感じだと、女の子目線では今まで考えることもなかったことや、知識だったり、女優さんや歌手にアイドルの名前を女の子が知っているのは当たり前だけどやたらとグラビアアイドルに詳しくなったり、AV女優に詳しくなったりすることがあります。

それはチャットレディのメリットなのかよくわからないですが、会話力がつくのはほんとその通りだと思います。もちろんメリットデメリットがありますがね。

チャットレディのお仕事上は知っていたほうが便利だしいいんですけど、普段例えば合コンとかの場所でグラビアアイドルとか本当に有名でテレビにも出ているような子はともかくとして男性週刊誌にちょっと出てくるような子を何人も知っていたりするとちょっと引かれますよね…やっぱり。

あとは男性経験多い少ないに関わらず、男性の好きなシチュエーションの意味をはきちがえてインプットしちゃったり、その人だけが好きなのにみんなにも当てはまると思っちゃったりしてあらゆる場面でサービスしちゃったりすると「この子は一体…」って思われてしまって上手くいかないことが当然あります。

チャットレディをしていてもビギナーからベテランまでの間って何が正解で何が不正解なのかよくわからないことも多かったです。まぁアダルト的な要素には元々正解も不正解もないのかもしれませんけど。あっ…言わなければよかった…っていうことややらなければよかったっていう行動を必死につくろったことがありますが、どこまで信じてもらえたのかは不明です。

皆さまもお気をつけください。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

チャットレディにいる…嫌な人

チャットレディのお仕事に関わらず、どんなお仕事をしていたってイチャモンつけてくるような嫌なお客さんがいます。自分に非があるならともかく一方的に言われると結構傷つきましたね。

意味も解らず罵声を浴びせられたり…女性としてそうではなかったとしても言われたら嫌としているタブーな言葉をかけられてしまったり…要望に上手く答えられなかったときにそこであげ足を取ってくるような人もいます。

チャットレディのお仕事をしていて傷つくことがあってもそれは私とお客さんとの一対一での出来事で誰かがフォローしてくれるわけじゃないし、仕事柄友達や彼氏に愚痴をこぼしたりできないことで更にストレスが溜まったりします。ここはどうしても仕方のないことだったので自分自身でストレス解消する方法を見つけなくてはならないということですよね。

でもここで忘れてはいけないのが例え罵声を浴びせられていたり、嫌な目に合ってしまったとしても一応お給料にはつながっています。そんな嫌な思いしてまでお金入らないから早くチャットから立ち去って!と思ったことももちろんあります。しかしそれでもチャットを辞めない人って誰かに怒りをぶつけてスッキリしたいと考えているストレスが溜まって誰かに怒りをぶつけることでしかストレスを発散できない可哀そうな人なのかな?と考えるようになってから少しは気持ちが楽になりました。

でもやっぱり本当はそんな人相手にしたくないんですけどね…でもチャットレディの仕事するならモチベーション維持大切ですよ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

副業として似顔絵師になるメリット

大学時代に知人の似顔絵ショップでアルバイトをしたことがきっかけで、今は副業として似顔絵のお仕事を5年程続けています。

似顔絵の仕事にも色んな形態があります。ひとつは週末のフリーマーケットやアートイベントに応募してブースを確保し、そこで似顔絵を売る方法です。

もう一つはオンラインで似顔絵サイトに登録し、そのサイトを通じてお客様からオーダーを受けるという、所謂在宅ワーク形式です。

このお仕事を続けていて良かったと思えることは数えきれない程あります。
自分の腕一本で稼ぐことが出来ると思うと自分に自信を持つことが出来ますし、何よりも人生が楽しくなってきます。

また、色んな出会いがあるのもこのお仕事の魅力のひとつです。
イベントでもオンライン上でも色んなお客様が来て下さいます。

特にお子様のいるご家庭の主婦の方や、彼氏さんのいらっしゃる若い方等、どちらかというと女性が多いです。一方私も女性なので、イベントの時にお客様と会話が盛り上がることが多々あり、そういう時間はとても貴重ですし楽しいです。

出来上がった作品を見て皆さん本当に喜んで下さるので、その度にやりがいを感じると同時に、これからも頑張ろうというモチベーションにも繋がっています。
時期によって収入の浮き沈みが激しいので本業にするのはなかなか大変ですが、副業の場合そこまで利益面を気にする必要もないので、気持ち的にも続けやすいと思います。

また初期投資がそこまでかからず、材料費も安いので、技術さえ習得してしまえば比較的始めやすい分野なのではと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

初めての在宅ワークデビュー

私が在宅ワークを始めようと思ったきっかけは、今1歳になる子供がいてまだ外には働きに出られないので、その代わりに家で何かできる仕事はないかと探していました。

そんな時に在宅ワークというのを見つけました。在宅ワークの中には、ラベルやシール貼り、封筒への封入作業やライティング、パソコンなどでの入力業務などと様々な仕事があります。
数ある在宅ワークの中から私はライティングのお仕事をしてみることにしました。なぜなら私は前から日記代わりに毎日ブログを書いていたので、ライティングならできるのではないかと思って始めてみることにしました。

ライティングのお仕事は、仕事先からまずテーマが与えられます。そして指定文字数以上の文章をライティングしていきます。例えば指定文字数が500文字ならそれ以上の内容のライティングをします。
文調もフランクな感じから固い感じの文章という風に指示されたように仕上げていきます。そして、1000文字以上のライティングであっても、見出し50文字、本文200文字以上を合わせて4本というような場合もあります。

また、私は映画や音楽が好きなので、テーマがそれらの場合ならすんなりとライティングしていけるのですが、たまに自分の全く知らないジャンルのライティングをする事もあります。

そんな時には、インターネットなどで調べながらライティングしていくので時間がかかります。でも自分の知らないジャンルについて書くというのは知識の幅が広がるので助かっています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

副業として、試験監督をやってみました!

平日、普通に事務職として勤めていたのですが、飲み代や洋服代、靴代など、支出がかさんでいたときに、もう少し収入があるといいなと思って、バイトのフリーペーパーを見ていたところ、土日だけでOK、Wワーク可能という試験監督のバイトが募集されているのに目がとまり、とりあえず登録してみたことが、副業のスタートでした。

実際は、普段仕事をしているわたしの状況を登録した会社が理解し、配慮を示してくれたので、一ヶ月に一、二回という、サイクルで連絡をくれていました。

そして、わたしは連絡を貰ってから、行けるときに「はい」と返事をして、試験監督を勤めていました。大体、収入は1日一万円ほどだったので、月に一万円〜二万円収入をプラスすることができていました。

また、試験監督を行う、試験内容は、土木や電気関係の国家資格の試験がほとんどだったため、試験会場も大学や専門学校など、しっかりとした、仕事をしに行くのに恥ずかしくない、安心できるところへの出勤だったので、とても安心できました。

仕事内容も、試験を受けにきたひとたちへの対応、話すことなどが毎回きちんとマニュアル化されていて、わたしは渡されるマニュアルに沿って試験監督をこなせばよかったので、安心してお仕事に携わることができました。

そして、試験監督という、誇りを持って挑める仕事でよかった、と思っています。それから、その試験監督を一緒に勤める、他の人たちと交友を深めることが出来たのも、良かったことでした。

カテゴリー: 未分類 | コメントする